一般社団法人カヌーホームは、カヌー愛好家からトップ競技選手まで、すべてのパドラーを応援します。

カヌーホームについて

ABOUT-US

カヌーホームについて

今日の先を見つめて。
未来のカヌーを考える。

目の覚めるような朝の空気。ほほをなでる風。輝く水しぶき。
岸辺から聞こえてくる、自分の名前を呼ぶ声。
遠のくライバルの背中を見つめて感じた悔しさ。

覚えているでしょうか、初めてカヌーに乗った日のことを。
きっと、自分はなかなか乗ることすら難しいカヌーを、先輩が簡単そうに漕ぐのを見て驚いたことでしょう。

私たちは、できないことができるようになる嬉しさや、自然と一体化する心地よさなど、体験者それぞれが感じたはずの想いを、原点に、カヌーのすばらしさをもっと多くの人に知っていただきたいと思っています。

また、たとえ競技生活から離れても、ずっとカヌーにかかわっていけるような未来に変えていきたい。
そんな思いで我々カヌーホームは一歩を踏み出しました。
共に、今・ここから、そんな未来を創っていきましょう。


これまでとこれから


カヌー、という
共通語でつながる。
必要なのは
「仲間」でした。

これまでのカヌーホーム

‐47都道府県取材など、テーマごとの取材・広報‐

まずはじめに、必要なのは“仲間”でした。
カヌーにはさまざまな種目があることや、
こんなところでカヌーを漕いでいる人がいること、
こんな想いで道を切り拓いてきた方たちがいることなど
言葉や写真、動画を通じて発信を重ねました。

カヌー、という共通語でつながりを強く感じられる場を作ることが大切な1歩目となりました。

‐日本初のエルゴ選手権大会‐

取材を重ねる中で見えてきたのは、
いわゆる「する」「観る」「支える」のバランスでした。

カヌーの大会は、「車で行くのに便利な場所」で開催されることが多く、
「観る」機会がどうしても限定的になってしまい、
「カヌーってどんなスポーツ?」 「カヌーはどこで漕げるの?」
などと言われてしまうのも一度や二度ではありません。
そこで、「エルゴ」と呼ばれる室内トレーニングマシンを使って
ショッピングモールでカヌーの大会を行いました。
カヌーの大会を見たことがない方も足を止め、
選手たちも、目と鼻の先から応援を受ける、白熱した一日となりました

各競技種目のライブ動画配信や結果等情報発信の実施 (2019年実績:8大会22日間)

2年目の活動に入ってからも、やはり「観る」「支える」場を広げることがとても大切だと考え、
各競技の全国大会について、ライブ配信を実施しました。

ときに通信環境が安定せず、
ときにスマホが手から滑り階下へ落下し、
あまたのトラブルを乗り越えてきました。
また、日本カヌー連盟や日本代表選手の皆さんにもたくさんご協力をいただき、
レースのタイムスケジュールや大会結果など、情報発信を重ねてきました。

‐イベントや体験会の主催・支援‐

こうして活動を重ねていると、新たなつながりも芽生えました。
他団体が主催するイベントのカヌー体験支援や
カヌースプリント小説の執筆にかかわる情報提供、
またテレビ番組での収録支援など
2年目は、多方面に活動が広がりました。

関連記事
■https://canoehome.or.jp/content/1688
■https://canoehome.or.jp/content/1770


ひとつひとつの
活動が、
カヌーの未来を
広げていく。

これからのカヌーホーム

これまでのひとつひとつの活動がつながり、これから先の登頂ルートが見えてきました。

‐Promotion‐
取材広報や大会・イベントに関する情報発信

私たちの取材や広報を通じて
誰かにとって新しい出会いにつながるきっかけになったり、
カヌーのまた違った一面を知る場になったり
何より、今の一瞬一瞬を刻み、残していけると幸いです。

-Coaching-
ハンドブック配信や講習会の実施、業務委託指導 

カヌーが速くなりたい、強くなりたいと思う人、
1人でも多くに届けられるように、常に情報を発信します。
そして、オンラインをフルに活用し、時流にのった指導環境も整えていきます。

-Event-
カヌー体験を通じた地域活性化など

「カヌーってどんなスポーツ?」 「カヌーはどこで漕げるの?」
そんな方たちに、実際に体験してもらえるようなイベントを創っていきます。
とくに、これからはオンラインのイベントも開催していきます。

-Retail-
カヌー関連グッズの販売

イベント実施と同じように、カヌーを通じて水の上に出ていく楽しさを知り、
カヌーライフを楽しむタッチポイントを増やせるように、パックラフト(コンパクトに収納できて持ち運べるカヌー)の販売を始めました。

【パックラフトカヌーセット】直接購入はこちら

■https://canoehome.or.jp/content/2392


いくらオンライン化が
進んでも
やっぱり大切なのは
「人と人のつながり」。

今改めて、大切なのは、「人と人のつながり」です。
実現したい目標や支えたい気持ちがあり、見届けたい誰かの未来がある。
何より、私たちは、カヌーホームを応援してくださる方たちがいて、ここまできました。
これからも、SNSへのいいねという形、イベント参加という形、寄付という形、
皆様からのあらゆる声が力になります。

ぜひ、ともにカヌーの未来を創っていきましょう。

活動内容



現在の活動内容

  • ・大会・イベント情報の発信
  • ・大会・イベント実施や実施支援
  • ・カヌーにまつわる各種取材と広報
  • ・競技入門ハンドブック作成 (現在は、スプリントのみ)
  • ・競技者にとって有用なデータ資料の作成と提供
  • ・企業様からの支援企画実施
  • ・アカデミー事業の実施準備

今後の具体的活動予定

  • ・情報のプラットフォーム機能強化
  • ・道具やウェアの販売情報提供
  • ・世界各国のデータ収集と提供
  • ・各種定量データの収集と応用
  • ・大会・イベント実施や実施支援策の拡大
  • ・アカデミー事業の実施

見てわかる!カヌーホームの活動風景

私たちは“カヌー”が
日本一カッコイイスポーツになるよう、
未来を見据えた活動をしていく事を、
ここに約束いたします。

お気軽にお問い合わせください!