一般社団法人カヌーホームは、カヌー愛好家からトップ競技選手まで、すべてのパドラーを応援します。

京都大学体育会カヌー部 取材!

    こんにちは。今日はまたまたチーム紹介2つ目です。
    我が母校、京都大学体育会カヌー部のところに行ってきました。

    f:id:canoe-home-2018:20180707153839j:plain  f:id:canoe-home-2018:20180707153957j:plain

    今日は新歓で、あいにくの強風でしたが、たくさんの新入生が来てくれていました。

    現在、京大の部員は26人(男子20 女子2 マネ4)です。

    f:id:canoe-home-2018:20180707154117j:plain   f:id:canoe-home-2018:20180707154244j:plain

    主将の三津海童くんに、話を聞きました。
    江「今の京大カヌー部を一言で表すと?」
    三「『自由』です。カヌーもだけれど、勉学含めてそれぞれ部員のやりたいことの方向性があるので、それを大事にしています。」

    確かに、カヌーをするために京大に入学してくる人はほぼ皆無で、大多数の部員は何かしら縁があって、カヌーと出会っていますね。
    京大自体、自由の学風をもとに、学生の自主性を大切にしていますね。

     

    江「今年のチーム目標は?」
    三「カヌーは個人競技だと思うので、チームとしての目標を立てるよりも、スローガンとして『Inspire』を設定しています。お互いに良い影響を与えられるよう、日々頑張ろうということです。」

    ここ何年か、京大カヌー部のチーム目標は、インカレのシングル出場人数で設定していました。
    そこにとらわれずにゼロベースで、自分たちのチームがどうあるべきか、今年の幹部やチームメンバーなりに考えた形なのでしょう。

     

    f:id:canoe-home-2018:20180707154438j:plain f:id:canoe-home-2018:20180707154521j:plain

     

    今回については、母校ゆえ、全体的にどこかしら自分がいた時と比較して話を聞いてしまう部分もありました。
    とはいえ、大学やチーム・集まるメンバーのカラーはそれぞれでしょうし、勝ちへのつなげ方や勝利以外に大切にする物への考え方について、京大らしくやっていけるよう応援しています。
    監督がいない中ですべてを組み立てている部ですので、新歓の方法はじめ、部の在り方、代を超えてつながっていくものについていろいろ考えさせられました。

     

    山新入部員が入りますように!特に女子!

    お気軽にお問い合わせください!

    ご支援について

    ご支援について

    カヌーホームでは、日本のカヌーをよりかっこいい!と思っていただけるような環境づくりに向け、活動してまいります。
    カヌー界を支え、盛り上げていくために、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

    当法人は、広くカヌースポーツの普及および振興に関する事業を行なうことにより、国民の心身の健全な発達に寄与し、又は豊かな人間性を涵養することを目的とし、その目的を資するため、活動してまいります。
    つきましては、誠に恐縮ではございますが、当法人の趣旨にご理解をいただき、御支援を賜りたく、ここにお願い申し上げる次第です。

    お気軽にお問い合わせください!