一般社団法人カヌーホームは、カヌー愛好家からトップ競技選手まで、すべてのパドラーを応援します。

ダルマイヤーさんをお訪ねしました!(※取材は3月時点)

「コーヒーや紅茶には、飲み物としてだけではなく、人と人をつなげる効果や心と体を守る効果があると思います。長い歴史がこうして続いていることには、そういう価値があるからではないでしょうか。人が和み、くつろぐための大切な飲料として古くから愛されてきました」

そう話してくださったのは、ダルマイヤーコーヒー紅茶日本総代理店 株式会社AMADEUSの藤田佳子さん。(※取材は3月時点)

カヌーホーム主催のエルゴ大会において、2大会連続ご協賛していただきました。

コーヒーや紅茶は、よりカジュアルにいろんな人間関係をつないだり、その美味しさは精神的に落ち着きや寛ぎをあたえ、体を守り、一人の時間も、仲間との時間の中にも傍らにいつもありますね。

 

ダルマイヤーさんの起源は300年も前にさかのぼります。1700年当時雑貨店として開業し、1900年ごろからは、コーヒーや紅茶がドイツ王室御用達のものとなり発展を続けてきた、ヨーロッパ屈指のコーヒー・紅茶ブランドです。今回お邪魔した直営店のカフェは、大阪市内の中之島のダイビル1階にあります。

立地や調度品、食器、コーヒー紅茶とともに提供される食事など、ひとつひとつに囲まれると、ゆったりとした気持ちになるのに加えて、すっと背筋が伸びるような、そういう時間が過ごせます。

「日本ではあまり知られていなかったダルマイヤーというブランドを認知して頂く、またファンとなって頂くとき、実際にこのカフェに足を運び、雰囲気ごと味わって頂く方が、しっかり伝わります。今はSNSを皆さん使っていらっしゃるので、足を運んでくださった方たちが写真をシェアして、それを見て興味をもって知ってくださる方がいます。

そういった体験のためにこのフラッグシップショップ&カフェが大切です。(※4月15日現在、カフェは5月6日まで臨時休業予定。5月7日より、テイクアウトランチ実施。)

またご家庭用にはオンラインショップや全国スーパー、食材店への卸を通して、コーヒーや紅茶をご注文いただくシステムの構築をしています(※国内物流やオンラインショップは通常運営中)

 

この日は、モーニングセットをいただきました。

 

「カヌーは、息子が高校生の時に始めたのをきっかけで知りました。だから応援しているというのもありますし、自然の中で活動する素晴らしいスポーツだと思います。以前、ドイツに住んでいた時に、カヌーを体験したことがありました。川べりにカヌーを体験できるところがあって、併設のカフェでゆっくりお茶をすることもできる場所です。そういう風に、カヌーをする人だけではなく、コミュニティとして機能していくことが日本でも増えていくといいですよね。」

 

このお話は、大会会場でも応用していけると考えています。カヌーの大会会場に来るきっかけは、レースに出る、そのサポートをする以外にも増えていく必要があると思いますし、そのきっかけにコーヒー・紅茶は一役買いそうですね。

 

実際に、ダルマイヤーさんでは、スポーツを屋外でする方たちにも手に取ってもらいやすいようにと、ダルマイヤーTOGOというテイクアウトのコーヒー紅茶の販売も始めています。

現在は、全国緊急事態宣言発令もあり、店舗は臨時休業中ですが、ご自宅用に#おうち時間や#おうちカフェなどがブームでオンラインショップがとても人気です。

是非自粛ムードの中のほっとする時間を美味しいコーヒー紅茶で楽しまれてはいかがでしょうか。

藤田さんからのメッセージです。

「事態が終息し、心やすらぐ時間がもてる時期にふらっとカフェにもぜひお越しいただきたい。そのときにお会いできることをスタッフ一同お待ちしています。みなさんがカヌーを心ゆくまで漕いだ後にコーヒーや紅茶をゆっくり飲めるような季節が早く来るといいですね!それまでご自宅で本当に美味しいコーヒー紅茶を飲んでいただき、ぜひ癒しの時間を重ねていただければ嬉しいです!」

 

Online Shop

www.dallmayr-jp.com

 

 

Instagram

dallmayrjapan

 

 

FB: Amadeusstrasse

 

 

Line@

Dallmayr(ダルマイヤー)

 

 

 

文・江盛咲子

お気軽にお問い合わせください!

ご支援について

ご支援について

カヌーホームでは、日本のカヌーをよりかっこいい!と思っていただけるような環境づくりに向け、活動してまいります。
カヌー界を支え、盛り上げていくために、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

当法人は、広くカヌースポーツの普及および振興に関する事業を行なうことにより、国民の心身の健全な発達に寄与し、又は豊かな人間性を涵養することを目的とし、その目的を資するため、活動してまいります。
つきましては、誠に恐縮ではございますが、当法人の趣旨にご理解をいただき、御支援を賜りたく、ここにお願い申し上げる次第です。

お気軽にお問い合わせください!