一般社団法人カヌーホームは、カヌー愛好家からトップ競技選手まで、すべてのパドラーを応援します。

奈良県 取材(津風呂湖にて)

    【カヌー競技地を訪ねて、全国一周! vol.12 奈良県】

    こんばんは!
    今日は、最初の取材にいかせていただいた、奈良県の記事になります!

    スプリント 津風呂湖(吉野町)・倉橋溜池(桜井市)
    スラローム 吉野川(五條市)

    ・2021年には、カヌーのワールドマスターズゲームのスプリント競技開催地。
    ・ヘラブナ・バス釣りのメッカである津風呂湖。大和上市駅から車で20分ほど。
    ・非常にフラットな水面で、穏やかな環境で漕げることが津風呂湖ならではの環境。

     

       

     

    ★Gopro動画はこちら★

    奈良県は、吉野町。奈良県の中央部に位置し、古くは古事記・日本書紀の時代から歴史に名を連ねています。
    吉野では、言わずと知れた豊かな森を生かして地元を盛り上げる試みが多くあります。森林セラピーのツアーや吉野杉を使用した技術品やぬくもりあふれる吉野ブランド製品の発信を続けています。また、桜の名所としても有名で、2021年にワールドマスターズゲームスが開催される津風呂湖などは県立自然公園に指定されています。
    今回は、この津風呂湖と、2021年のワールドマスターズゲームスに向けた取り組みについて取材をしました。

    津風呂湖はかなり入り組んでおり、外周はなんと32㎞にもなります。
    山間に位置する湖であるため、非常にフラットな水面なのが特徴。水際からすぐに魚が泳いでいるのが観察できます。

     

    奈良県所属のスプリントの高校生(吉野高校、奈良情報商業高校)は、通常時は倉橋溜池や津風呂湖中心に活動をしています。倉橋溜池では、目下に広がる100段以上ある階段を陸上トレーニングに使い、選手たちが日々鍛錬を積んでいます。

    奈良県予選についてはこちら津風呂湖にて開催されるため、小学生から成年まで少数ながらバラエティに富む選手が今もこうして大会に集います。

    津風呂湖でのマスターズゲームに向け、吉野町としても準備室を設置し、これから環境の整備や広報普及活動などに取り組んでいく予定とのことです。現在は小学生に向けたカヌーの普及活動に加え、6月末には、実際に吉野町役場の方がカヌーについて知っておきたいということで、準備室の方を中心に皆さん暑い中カヌーの体験会を実施していらっしゃいました。

    2021年の先を見越したカヌー普及強化の取り組みをしたいと、役場の方はおっしゃっていました。
    そこに、最初に述べたような吉野ならではの魅力を合わせて発信できたらという思いで取り組んでいらっしゃいます。
    カヌーホームも少しでもそのお力になりたいと思っています!

    以上奈良県でした。

    お気軽にお問い合わせください!

    ご支援について

    ご支援について

    カヌーホームでは、日本のカヌーをよりかっこいい!と思っていただけるような環境づくりに向け、活動してまいります。
    カヌー界を支え、盛り上げていくために、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

    当法人は、広くカヌースポーツの普及および振興に関する事業を行なうことにより、国民の心身の健全な発達に寄与し、又は豊かな人間性を涵養することを目的とし、その目的を資するため、活動してまいります。
    つきましては、誠に恐縮ではございますが、当法人の趣旨にご理解をいただき、御支援を賜りたく、ここにお願い申し上げる次第です。

    お気軽にお問い合わせください!