一般社団法人カヌーホームは、カヌー愛好家からトップ競技選手まで、すべてのパドラーを応援します。

日本体育大学学友会カヌー部 取材

    今回は、日本体育大学へと向かいました。

    f:id:canoe-home-2018:20180709110209j:plain

    現在部員は60名。(K29人C19人WK6人WC2人M2人T1人)

    もともと約50名ほどの部員で推移していたところ、今年新入部員が多く入部したこともあり、さらなる大所帯に!
    そのため、平日授業の時間に合わせ、3部に分かれて練習しています。

    f:id:canoe-home-2018:20180709110353j:plain

     

    日々、活気ある練習が行われていることが、更新頻度高めのブログからも感じられます。

    ameblo.jp

     

    この日は平日の午前だったため、4回生のメンバーでの練習にお邪魔しました。

    日体の皆さんは、東急多摩川線武蔵新田駅から徒歩約10分のところにある多摩川にて練習をしています。
    しかし、それは実はシングルのみ。
    艇庫にはシングルしか置いておらず、ペアやフォアに関しては、神奈川県は宮ヶ瀬湖保有しています。

    f:id:canoe-home-2018:20180709110235j:plain

     

    それも、多摩川沿いに借りている艇庫としての物件を、この数年の中で何度か移る必要があったためだそうです。
    また、エルゴやウェイトトレーニングは、自転車で40分の距離にある大学にて行います。各種の練習を行うには、どちらかというと不便も伴う環境でしょう。

    それにもかかわらず、選手の皆さんは、意外とあっけらかんとしていまして、現在日本各地でカヌー指導をされている先生の半分近くが日体出身というくらい、日体の方はカヌーに長く携わってくださっています。

    f:id:canoe-home-2018:20180709110437j:plain

     

     

     

    副キャプテンの千葉雅大選手中心に、選手に少しお話を聞きました。

     

    江「大学でカヌーを続けようと思ったきっかけは?」
    千「高校最後のインターハイでの結果が良く、インカレでも200m種目が取り入れられる年だったので、挑戦してみたいと思いました。また、日体に憧れの先輩がいたことが大きいです。同じように憧れの選手と一緒に漕ぎたい!と日体を選ぶ選手は多いと思います。また教員になることを目指して入ってくる子も多いです。」

     

     

    江「大学にはいって、また最終学年になって変わったところなどはありますか?」
    千「やはり、最終学年としては、自分が与えられているメニューをこなすだけではなく、考えて行動することが増えました。チーム目標の、インカレ総合3位以上の達成に向け、日々練習を頑張っています!特にあと約2か月で、最後のインカレを迎えるので、一回一回の練習を大事にしていきたいです。またチームとしても、1人でも多く決勝に残ることができるよう、一日一日を大切にしてきたいと思っています!」

     

    f:id:canoe-home-2018:20180709110805j:plain

    f:id:canoe-home-2018:20180709110812j:plain

     

    これからもカヌー競技ももちろん、後輩育成、未来の世代の育成、頑張ってください!応援しています!

    お気軽にお問い合わせください!

    ご支援について

    ご支援について

    カヌーホームでは、日本のカヌーをよりかっこいい!と思っていただけるような環境づくりに向け、活動してまいります。
    カヌー界を支え、盛り上げていくために、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

    当法人は、広くカヌースポーツの普及および振興に関する事業を行なうことにより、国民の心身の健全な発達に寄与し、又は豊かな人間性を涵養することを目的とし、その目的を資するため、活動してまいります。
    つきましては、誠に恐縮ではございますが、当法人の趣旨にご理解をいただき、御支援を賜りたく、ここにお願い申し上げる次第です。

    お気軽にお問い合わせください!