一般社団法人カヌーホームは、カヌー愛好家からトップ競技選手まで、すべてのパドラーを応援します。

大正大学碧水会カヌー部 取材

    大学チーム5月最初のご紹介は、大正大学碧水会カヌー部の皆さんです。
    大正大学の皆さんには二日間にわたりお話を聞く機会がありました。

     

    f:id:canoe-home-2018:20180707181021j:plain   f:id:canoe-home-2018:20180707181058j:plain

    キャプテンの濱田貴史くんにチームについてお聞きしました。

    f:id:canoe-home-2018:20180707181350j:plain

    彼は、昨年のインカレC1 1000m覇者であり、ことば一つ一つに自負が感じられました。

    話を聞く中で得た印象としては、他大のカヌー部の「チーム全体」に流れている空気とはまた違ったものなのだということでした。

     

    それは、メンバー1人1人が「日本代表に入る」を前提に、チームとして活動しているということ。

    日本代表入りするぞという個人、チームが日本一になるぞと活動している部はあります。
    そして、そうした1人1人がカヌー界の競技面を引っ張ってくれていると思います。
    それらの中で、各自が日本代表入りを明確に意識しながら日々の練習に取り組んでいる部だ、というのは大正大学ならではの伝統ですね。

     

    もちろんそれに伴う、ハードな練習は当たり前で、濱田くん曰く、
    大正大学は日本一練習していると思います。練習時間も長く、まさにカヌーで勝つために活動をする場。
    また、OB会(碧水会)のサポートも潤沢にいただけるし、コーチや監督が練習やメニューを与えてくれます。
    ある意味とてもしんどくて、ある意味とても楽な環境。カヌーを全力でやりたい子にはとてもいい環境です。」 個人的には、現役時代関東のカヌー部の方とほとんど交流がなかったので、一概に他大学と比べることはしたくありませんが、カヌー界の未来にとって明るい話には違いありません。

     

    f:id:canoe-home-2018:20180707181852j:plain f:id:canoe-home-2018:20180707182103j:plain

    最後に、濱田くんにどうしても言いたいことをお聞きしました。
    「新入生の皆さん、入部をお待ちしています!」 だそうです。現在大正大学は、部員27人(K8人、C12人、WK4人、WC3人)。
    カヌーにどっぷりじっくりつかりたい高校生や中学生は、是非どうぞ!

    お気軽にお問い合わせください!

    ご支援について

    ご支援について

    カヌーホームでは、日本のカヌーをよりかっこいい!と思っていただけるような環境づくりに向け、活動してまいります。
    カヌー界を支え、盛り上げていくために、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

    当法人は、広くカヌースポーツの普及および振興に関する事業を行なうことにより、国民の心身の健全な発達に寄与し、又は豊かな人間性を涵養することを目的とし、その目的を資するため、活動してまいります。
    つきましては、誠に恐縮ではございますが、当法人の趣旨にご理解をいただき、御支援を賜りたく、ここにお願い申し上げる次第です。

    お気軽にお問い合わせください!