一般社団法人カヌーホームは、カヌー愛好家からトップ競技選手まで、すべてのパドラーを応援します。

慶應義塾大学體育會端艇部カヌー部門 取材!

    こんにちは。

    今日から新しく、カヌーを日々練習している部活動やクラブチームなどを特集していきます!

    最初に取材させてもらったのは、こちら!

    慶應義塾大学カヌー部の皆さんです!

    このPV、めちゃくちゃかっこいいと思います!!

    www.youtube.com
    慶應といえば、最近部員が急増しており、なんと現在42人(男子29人、女子9人、マネ4人)。そして現在絶賛1回生を新歓中です!

     

    平日は授業の開始終了時刻に合わせて練習時間を分け、日々合宿生活を送っているそうです。
    今回は、早朝5時集合の練習にお邪魔させてもらいました。
    (いや久々の早起き。)

    f:id:canoe-home-2018:20180707152142j:plain            f:id:canoe-home-2018:20180707152246j:plain

    風の吹きすさぶ荒川で、皆さんが練習中マネージャーの方に話を伺った曰く、毎週事前に「今週のメニューとその目的」、そして「1乗艇ごとのメニューとその目的」が併せて記載され連絡されているとのこと。
    しかも練習組ごとにメニューにを作成するという話です。メニュー係が、前もって計画しないとなかなかできないことですよね。
    他にも、教育係や筋トレ係など皆が何かの役割を担い、学生主体のチームを作っている姿が感じられました。

     

    f:id:canoe-home-2018:20180707152519j:plain        f:id:canoe-home-2018:20180707152638j:plain

    練習後、主将の山田健一朗くんにさらにお話を聞きました。
    山田くん自身、大学からカヌーをはじめる際、合宿生活や、チームの様子、競技の魅力など色々惹かれるものがあったと話していました。
    そして、「今」という今年のスローガンには、4年間という限られた大学生活で、後回しにしないで一瞬一瞬大事に取り組もうという想いを込めているとのことです。

     

    f:id:canoe-home-2018:20180707152829j:plain           f:id:canoe-home-2018:20180707152948j:plain

    慶應では、大学から始める選手がほとんどですが、着実に力をつけ、先日の香川では男子カヤックペアで優勝するなどとても勢いのあるチーム。
    指導者や他大との練習の中で得たものを吸収しようとする意欲や、ELIOという艇の輸入、そして最初に挙げたカッコいいPV・・・。

    これからの活躍も、とても楽しみですね。

    お気軽にお問い合わせください!

    ご支援について

    ご支援について

    カヌーホームでは、日本のカヌーをよりかっこいい!と思っていただけるような環境づくりに向け、活動してまいります。
    カヌー界を支え、盛り上げていくために、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

    当法人は、広くカヌースポーツの普及および振興に関する事業を行なうことにより、国民の心身の健全な発達に寄与し、又は豊かな人間性を涵養することを目的とし、その目的を資するため、活動してまいります。
    つきましては、誠に恐縮ではございますが、当法人の趣旨にご理解をいただき、御支援を賜りたく、ここにお願い申し上げる次第です。

    お気軽にお問い合わせください!