一般社団法人カヌーホームは、カヌー愛好家からトップ競技選手まで、すべてのパドラーを応援します。

カヌーホーム、新しい助っ人ご紹介!

    本日は、カヌーホームのお手伝いをしてもらう方をご紹介します!✨

     

    皆さん、初めまして‼
    大内 遼と申します。

    ☆「個性的カヌーオタク大内」誕生秘話

    私の出身は栃木県です。小学5年生の時に同じマンションに住んでいた高校カヌー部の関先生に誘われカヌー体験に参加したのがきっかけで、カヌースプリント競技と出会いました。始めた当初は水遊びの感覚でしたが、近くでカヌーの練習をしていた高校生を見て「カッコいい」と思うようになり熱中していきました。

    私自身のカヌー選手時代は周りから見ると「変人」だったと思います。なぜなら、高校、大学ともにカヌー部がない場所で活動していたからです。高校時代は関先生を中心に練習環境を整えて頂き、他の高校カヌー部と混じって乗艇練習、自分の高校のボート部、ラグビー部と共にランニング、筋トレを行っていました。いったい何部だかわかりませんね(笑)そして選手として成長することができ、インターハイまで出場させて頂きました。インターハイでは全国の早い選手を見て、私も日本一になりたいと思うようになり、大学でも続ける気持ちが芽生えました。

    しかし大学時代は学力が足らずいきたい大学に進学することが出来ませんでした。恩師関先生からはどの大学でもカヌーはできると言われ、カヌー部の無い東京経済大学に進学しました。そしてカヌーで日本一を目指すのであれば一人では強くなれないと考え、慶應大学、大正大学に連絡を取り、多くの協力によってカヌーに打ち込むことが出来ました。

    結果は残すことが出来ませんでしたが、私にとって大好きなカヌーは多くの人と出会い心身ともに成長させるものです。出会った人々は皆、他校の生徒なのに私を快く受け入れて頂き、私にとって一生の宝物となりました。カヌー界は変人も快く受け入れる懐の広い競技です。

    今後は私もカヌーホームをお手伝いさせて頂き、多くの人と出会い素晴らしいカヌー界の人を発信させて頂きたいと思います。

    お気軽にお問い合わせください!

    ご支援について

    ご支援について

    カヌーホームでは、日本のカヌーをよりかっこいい!と思っていただけるような環境づくりに向け、活動してまいります。
    カヌー界を支え、盛り上げていくために、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

    当法人は、広くカヌースポーツの普及および振興に関する事業を行なうことにより、国民の心身の健全な発達に寄与し、又は豊かな人間性を涵養することを目的とし、その目的を資するため、活動してまいります。
    つきましては、誠に恐縮ではございますが、当法人の趣旨にご理解をいただき、御支援を賜りたく、ここにお願い申し上げる次第です。

    お気軽にお問い合わせください!